食べ物や飲み物の《1ベクレル》の意味をご存知ですか?

食べ物や飲み物の《1ベクレル》の意味をご存知ですか?
《1ベクレル》とは、
1秒間に1つの放射線を出す事で、
食べ物に含まれたセシウムが体内に入った場合、約30年間のあいだに約《13億7000万個》の放射線を出して、そばにある人間の細胞や遺伝子を焼き切ります。(※これを内部ヒバクと言います)
※食べ物から体内に入ったセシウムの場合、1ベクレルで、1分間で60個の放射線、1時間で3,600個、1日で8万6,400個、1ヶ月で259万個の放射線を体内に放射し、細胞や遺伝子を焼き切ります。(追記しました)
たった1ベクレルでも危険ですが、
【政府が安全と決めた100ベクレル】では、その100倍の《約1370億個》の放射線が約30年間も人体を焼き切り続けます!
一つの食品ごとに100ベクレルですから、一度の食事でこの何倍にもなり、これが毎日続き、どんどん内部ヒバクが増えます。
内部ヒバクで焼き切られた細胞は働かなくなり、
焼き切られた遺伝子は【遺伝子異常】や生まれてくる子供の【奇形】の原因になります。
だからデッセムではベクレル検査の実施しています。現在の所、全ての材料は0,1ベクレル以下です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です