5月20日で65歳になった私の妹が、そのころはまだ高架線になっていなかった高円寺駅の踏切に母に手を引かれて何度か行きました。

5月20日で65歳になった私の妹が、そのころはまだ高架線になっていなかった高円寺駅の踏切に母に手を引かれて何度か行きました。何をしに行ったかって?暴君の父に手を焼き、自殺しに行ったのです。妹がまだ2歳くらいでした。何度も踏切まで行きましたが、妹の「怖いよ~」の声に何度も我に返ったそうです。

昨日のニュース番組でお母さんがご自分は一食で、お子さんたちに食べ物を与えている、という音声を聞いて私は胸が締め付けられました。昔は父によって母は殺されようとしていました。今は国によってシングルマザーの方々が〇される時代なんですね。日本のどこが先進国なんでしょうか?日本という国は、シングルマザーの方をもみじめな環境に置き、救えない国なんでしょうか。

私が、というよりも会員様のご厚志で成り立っているパン屋デッセムでは、パンのセットを中学生までのお子様をお持ちのシングルマザーの方にお送りします。デッセムは決して大きなパン屋さんではありません。またこれを書いている廣瀨も「金持ち」ではありません。私はデッセムより毎月少しのお給料を頂戴しております。前回もそうでしたが、そのお給料が溜まるとこのようにシングルマザーの方にパンセットをお送りしています。

施しではありません。金持が酔狂でやることではありません。僅かなお給料を貯めておいてそれをお送りするパンセットの資金にしています。私共の生活は年金と妻がデッセムで働くパート収入でなんとかやりくりしております。特にコロナの関係で5月中は店舗が休業中で、会員様向けのパンのみ製造しております。ですからたくさんパンセットを宅送できるわけではありません。送れる日は2セットくらいお送りできると思いますが、全く送れない日もありますことをご承知おきください。

何年後か、何十年後か、送られた方々がハッピーになった時、このような行いを他の方に、出来るだけで良いので、やってあげてください。それが廣瀨の「条件」です。

方法:
お手紙にお子様のお名前、年齢をお書きください。そしてあなた様のご住所、電話番号をお書きください。それだけでいいです。他にお書きになる必要はありません。

送り先:
400-0501
山梨県南巨摩郡富士川町青柳町691-1
デッセム内 廣瀬満雄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です