GOOD NEWS FROM DESSEM  2019年2月号

GOOD NEWS FROM DESSEM  2019年2月号
暦の上では「春」になりましたが、寒い日はまだ続きそうです。皆様いかがお過ごしでしょう。考えてみればデッセムも富士川町で開店して約1年半が過ぎました。その間、地元の皆様方には本当によくして頂き、感謝しております。ご存知のように私どもは約26年間、東京の西荻というところでパン屋をしておりました。富士川町に越してきた理由は、放射能の影響が少ないという事です。
  こんなことを言うと変に思われるかもしれませんが、日本は3・11の原発事故以来、放射能の影響が少ない食材を探すのに苦労をしております。製パンをするうえで一番大事なのは、小麦とか酵母よりも「空気」が一番大事なのです。パンは小麦粉に含まれるグルテンが酵母の力で空気と反応し、うま味成分と二酸化炭素成分に分かれます。その空気が汚染されていたのでは話になりません。
  東京西荻はフクイチから240キロしか離れていませんでした。でもここ富士川町は330キロ離れています。チェルノブイリ基準から考えましても、280キロ以上離れていれば安全だそうです。私の父の故郷が塩山ですので、本当ならば塩山に移住するところだったのですが。済みません。いきなり固いお話で。
―――   ―――   ―――   ―――   ―――
新商品のご案内:
1) 竹炭食パンーーーデットックスに宜しいようです。真っ黒なパンです。
2) 桑の葉茶ブレッドーーーパン生地に桑の葉のパウダーを入れました。
              大変お体に宜しいようです。
3) ハワイアン・ブレッドーーーハワイの名物キングスブレッドを模倣しました。本物 はタロイモを入れますが、デッセムではジャガイモを使用しております。
4) カンパーニュ・ソン・デ・ブレーーー名前はややっこしいのですが、、、フランスパン生地にフスマをたくさん入れました。これも大変お体に宜しいようです。
―――    ―――   ―――   ―――   ―――
最近のデッセム:
1) 些か古くなりましたが、この元旦に放映されたUTYのカラオケ大賞と言う番組に廣瀬が出ました。結果は惨敗でした。(笑)
2) 「デッセム・無尽の会」設立のお知らせ。“設立”なんていうと大げさですね。山梨の良き伝統「無尽」をパン屋でもやらせて頂こうというわけです。会費は1000円でパン食べ放題。一回目の無尽は3月9日(土)19時からですが、定員20名のところもう既に15名様集まって頂いております。入会資格は「武田節」が歌えることです。(笑)
3) 廣瀬がフェイスブックをやっておりますが、そのFB上で「頑固オヤジの会」と言うのを作りました。規模は全国規模で、現在84名様がご参集頂いております。目的は「食の安全、脱原発」にできるだけ近づけていこう、と言うものです。
4) お買い得情報
当店ではネットでお買い物ができます。最近では超うるさ型の会員様が集まる「佐野プレミアムイタリアン」様にも出品しております。

  無添加パン工房 デッセム      廣瀬満雄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です