この投稿をするのに随分と自分との闘いがありました。

この投稿をするのに随分と自分との闘いがありました。何故ならまた食品における懐疑的な面を強く押し出し、安全、安心な食材を探していらっしゃる方々のハードルを上げてしまうことになるからです。

特に穀類を主体とした食品を選ぶ場合でも、かなり選択の幅が小さくなってしまいます。つまり私が生業としているパンのみならず、お菓子、スナック、シリアル等々幅広い分野において考えられるからです。

モンサント社が開発したグリホサート系の除草剤、ラウンドアップが原因です。確か2000年にその特許権が失効されて以来、世界中の国々で製造され使用されています。今、完全にこの薬剤の使用禁止を謳っているのはスリランカと幾つかのヨーロッパの国々だけではないでしょうか。

このグリサホートについて少し詳しく説明しますと、
グリホサート は、広域スペクトルの全身除草剤および作物乾燥剤です 。それは雑草 、特に年間の広葉雑草や作物と競合する草を殺すために使用されています。モンサント化学者による1970年の除草剤です。 モンサント社は1974年にラウンドアップという商品名で農業用に市場に出しました。

少し話題は変わりますが一昨日スイスにお住まいのある方から、スイスのパンの現状をご報告いただきました。それらによりますとBioと名のつくものさえあらゆる食品添加物が使用されているからです。そのBioによるパン製造会社27社中、7社からグリホサートの反応が出てしまいました。

「農家のパン」と言う商品名の原材料名を書き出してみます。
・Weizenkleue   小麦ふすま
Kochsalz 塩
Jodiert     脱脂粉乳
*・Magfrmilchpulver 麦芽オオムギ
・Gerstenmalzmehl  小麦粉
Weizenkleber   小麦グルテン
*Vollmilchpulver  全脂粉乳
これでお解りの通り、絶対に使用してはいけないものが数点あります。それは小麦グルテンと「*」のついた語尾にpulverとつくものです。この「*」は乳化剤が含有されています。

この説明は食品添加物の説明をする投稿ではありません。よく上記の原材料表をご覧ください。「・」の印があります。これらに先ほどあげたグリホサートの反応が出た可能性が有ります。すなわちこれだけ問題の多い食品添加物を使用しておきながら「Bio」とはよく言えたものです。さらにはグリホサートの反応も出ているかもしれません。これでは「Bio」の名が泣きますし、「Bio」が付いている店名、商品名は信じてはいけないのかもしれません。

ヒトサマのお国の事情はひとまず置くにして、我が国の問題です。残念ながらスイスどころではありません。パンの95%以上、グリホサートの反応が出てしまいます。グリホサートの毒性についてお話ししましょう。

急性、慢性の疾患として、食後の腹痛、胃腸感染症、かゆみ、やけど、皮膚感染、水膨れ、涙目、かすみ目、頭痛、結膜炎、高熱、頻拍、動悸、高血圧、めまい、胸痛、しびれ、不眠症、鬱、衰弱、呼吸困難、呼吸器感染、空咳、喉の痛み、不快な味、より深刻な症状として、バランス障害、認知症、発作、視力障害、臭覚障害、聴覚障害、味覚障害、血圧低下、けいれん、筋まひ、末梢神経障害、総合的な運転障害、多汗、重度の疲労などに苦しむことになります。正に病気のデパートと言った具合です。

パンを選ぶ場合には「北海道産のオーガニック粉」を使用したものを選んでください。そして食品添加物の無いものを選んでください。

宣伝のようで嫌なんですが、一つの指針として書かせて頂きます。
https://dessem.jp/member/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です