今日は生産農家の平野さんのご案内で、

今日は生産農家の平野さんのご案内で、
小麦畑「北の香り」の生産状況を拝見してきました。

南アルプス市芦安というところで、小麦の自然栽培を行っている方です。自然栽培と言うのは皆さんご存知のように、肥料、農薬を一切与えません。下草も放置したままで自然に生育させる栽培方法です。私と25年来の友人、木村秋則さんによって有名になった栽培方法です。

自然の土地を大事にし、除草剤等の農薬がまかれた時より少なくとも5年間は実を成らせません。例えば小麦を植えてまだ青いうちに土の中にすき込んだり、また大豆を植えてある程度大きくなったらまたその土にすき込んでいきます。そんな気の遠くなるような作業を5年間も繰り返し、要はその土をフカフカの状態にしていきます。

自然栽培はホッタラカシ栽培と違います。ある意味では農薬散布する従来の慣行栽培の数倍の手間がかかります。そしてなんといっても辛いのはその5年間、農業収入が一切ありません。でもそうやってご苦労なさって作られた小麦粉は、最近話題の「グリホサート」とは無関係の所にあります。

平野さんは大阪のご出身です。そして近くの紀ノ國小学校でダンスを教えていらっしゃいます。そんな平野さんの貴重な小麦粉、デッセムでは”ぜーーーーーんぶ”買い付ける約束をしています。
そんな自然栽培で作られたパン、まだすべての品種に使用されているわけではありませんが、食べてみたいと思われませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です